リースバックは、正式にはsell&leasebackと呼ばれる不動産サービスです。日本国内では、あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、ヨーロッパでは2000年近く前から用いられて来た仕組みとされています。リースバックは、日本国内では一戸建てや分譲マンションを売却して運営企業から売却額を支払ってもらい、売却した分譲マンションや一戸建てに住み続けられる不動産サービスです。必要な資金を得る為に自宅を売却したにもかかわらず、自宅に住み続けているので引っ越しの必要がなく、地域の人達に自宅を売却した事を知られる事がありません。

自宅を売却した場合には、チラシやインターネットなど様々な広告媒体に掲載するので黙っていても他人に知られてしまうのが必定であり、知人から好奇の目に晒されとやかく言われてしまう始末です。しかし、リースバックの仕組みなら、他人への煩わしい理由説明の必要がなく助かり、特に子供のいる家庭では子供への影響が最小限に抑えられます。また、リースバックには、売却した分譲マンションや一戸建てを買い戻す仕組みもあり、他人に自宅を売却した事が知られず買い戻す事ができれば、自宅を売却した事実自体も消えて売却以前の生活に戻る事が可能です。リースバックの基本的な仕組みは、どの企業も同じで比較の対象となりませんが、企業が独自に提供している付帯サービスが大きく異なっているので、企業を選ぶ際には独自の付帯サービスを含めて検討すべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です