リースバックは持ち家を第三者に売却した後、その家に住み続ける賃貸契約です。自分で所有している家を売却し、家賃を払いながら住むのは不自然に感じられますが、所有権を第三者へ譲渡することでメリットが生じるのも事実です。リースバックの大きなメリットとして、自宅の維持費を支払う必要がなくなる点が挙げられます。持ち家の場合、固定資産税や都市計画税、修繕費など様々な出費が生じるのは紛れもない事実です。

特に築年数が長い物件は修繕費が嵩みやすく、資産価値も下落するので所持しているだけで大きな負担と言えるでしょう。リースバックでは物件の所有権は第三者へ移動するので、維持費を支払う義務も新たな所有者へ移ります。財産相続の対策としてリースバックを行うケースも少なくありません。高齢者の場合、所有者が死亡すると相続の手続きで手間がかかるおそれがありますが、所有権が第三者へ移っていれば煩わしさに悩むことはありません。

一方でリースバックはメリットばかりではないのも事実です。賃貸住宅に住むのと同じ意味になるので、毎月の家賃を支払う必要があります。安定した収入がなければ契約は難しいので注意します。また、物件の資産価値が極端に低いと契約できないこともあるので、業者を慎重に選びつつ、迅速に判断しなければいけません。

建物の資産価値は基本的に年月が経過するほど下落するので、必要と思ったときは速やかに情報を集め、納得できる形で契約を進めることが重要と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です