リースバックは、運営会社が意図した様に老後の生活費にしたい人が多く、次いで急に必要になった資金の確保や住宅ローンの支払いに窮した時に利用したい人が多いサービスです。リースバックは、現在住んでいる自宅を売却してまとまった資金を用立てる事ができるメリットだけでなく、売却した自宅を賃貸物件として月額賃料を支払って住み続ける事ができるサービスです。自宅を売却しても住み続ける事ができる事から自宅を売却する罪悪感や後悔の念が少なく、住み慣れた自宅で通常通りの生活を送れる事から自宅を売却した事を他人に知られないメリットが都合良く利用者が年々増加しています。リースパックは、売却しても自宅に住み続けられるので不思議に思う人も多く利用者に有利なサービスと思っている人も少なくありませんが、利益を追求している企業が運営しているので利用者によってのデメリットもあるサービスです。

大きなデメリットは、自宅の売却価格が一般的な不動産売買に比べて安くなる事と月額賃料が地域の相場よりも高く設定される事があります。リースバックの自宅の売却価格は、確かに一般的な不動産売買に比べて安くなりますが、一括査定を利用して運営企業を競わせる事で差額を少なくする事が可能です。月額賃料は、自宅に売却価格と同様に運営企業を競わせる事で低額に設定する事が可能であり、運営企業を競わせない時と比べて数万円も差額が出てしまう事もあるので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です