リースバックは、自宅や倉庫など自己所有している不動産を売却する事で必要な資金を調達することができ、売却した自宅や倉庫など自己所有していた不動産を賃料を支払って借りる事ができる仕組みです。通常の売買であれば、所有権を得た新しい企業が自由に出来るので第三者に売却して売却を得る事が一般的であり、仮に充分な資金を用意できたとしても何年も経過した未来に再購入する事はほぼ不可能です。仮に第三者が、売却に納得したとしても自宅を売却した価格よりもかなり高額になる事が考えられ、無理して自宅を再購入するよりも新しい自宅を購入した方がメリットが多いと考えられます。リースバックは、売却した自宅を再購入する際には売却時の価格と再購入時の販売価格の差額が大きな問題となる事が多く、差額が多い場合には自宅の買い戻しを諦めてしまうのがリースバックのデメリットです。

しかし、大手金融会社を母体とする運営会社では、再販売価格を自宅を売却した時の価格とする特約事項を契約書に列記しており、利用者に対して自宅を買い戻す為に必要な資金が明確化しているので頑張りがいがあります。また、東京に本社を置く建設会社では、長く積み続ける事で賃貸期間に買い戻し価格が下がっていく独自のメリットを提供しており、買い戻しの可能性が非常に高くなっています。リースバックは、基本的な仕組みが同じですが、企業が独自に提供しているメリットが大きく違うのでしっかりと比較するべきです。リースバックのメリットのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です