リースバックは、自宅を売却して売却した自宅を賃貸物件として借り受ける事で老後の資金や住宅ローンの返済などにまとまった資金を使える仕組みであり、短時間で現金化できる事や売却した自宅を再購入できるなど複数のメリットがあります。リースバックは、団塊の世代が後期高齢者になってしまう2025年問題を目の前にして高齢者の老後の生活資金の調達方法の一つであり、東京都や大阪府など大都市圏での利用者が多い特徴が顕著に表れています。逆に地価が安い地域では、利用者数が非常に少なく皆無と言う地域もあり、運営会社によっては買い取りができないと断っているケースもある様です。しかし、近年では異業種からの新規参入もあって激しい生存競争が始まっており、敢えて断られた物件をターゲットにしている運営会社もあるので前年対比200%以上の伸びが維持されると推測されています。

また、住宅ローン返済困窮社や資金不足の事業者などの利用者が増加していることから資金の使途が住宅ローンの早期返済と事業性資金を合わせると老後の生活費を超えるとも言われています。背景には、リースバックは、周囲の住人や親類に知られる事なく住宅を売却できるメリットがあり、知られないと言うメリットが利用者に対するハードルを下げ若い世代の利用者を増加させている様です。リースバックは、今後も利用者が増加していくのは間違いなく、参入企業も増加するので優良企業の見極めが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です