リースバックには様々なメリットがありますが、中でも大きいのが自宅を売却した後もそこに住み続けることができるため、引っ越しをしなくて良いという点です。そのため、わざわざ次の家を探したり、引越しの費用や手間を負担する必要がないので、高齢者などでも手軽に利用することができるのです。また、外部からはリースバックを利用したという事実は見えないので、近隣の住人に自宅を売却したことが気づかれにくいというメリットもあります。特に近所付き合いが密なエリアでは、家を売ったというだけで後ろめたい思いをするケースも少なくありませんが、リースバックを利用すればそういった事態を避けられるでしょう。

また、リースバックを行うと、自宅の修繕などの維持管理は基本的にリースバック業者の方で行うようになります。そのため、メンテナンスをする手間が省けるほか、固定資産税や都市計画税といった各種税金も負担せずに済むようになるので、そういった諸々の負担から解放されるというのも見逃すことができないメリットであると言えます。ただし、契約条件によっては、自分で建物の修繕を行わなければならない場合もあるので、どういった条件になっているかは事前にしっかりと確認しておくようにしなければなりません。専門的な契約書の内容をすべて理解するのは困難を伴うことから、自分だけでは手に負えないと思ったら弁護士などの専門家に相談してみるというのも一案です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です