コロナ禍の影響によって、給料が下がったり又は経営している事業の売り上げが下がり、住宅ローン等の支払いが苦しくなっている方も多いのではないでしょうか?このような方にはリースバックという商品を利用することを検討してみるのもいいでしょう。この商品は、お持ちの不動産を売却すると同時に賃貸借契約を締結するという仕組みになっていますが、さまざまなメリットがあります。まずは、売却後も住み続けることが出来るという点です。通常不動産を売却すると買主に対して明け渡す必要がありますので、住み続けたり利用することは出来ません。

リースバックでは賃貸借契約を締結し、売主が買主に対して賃料を支払う形で住むことが出来るのです。従って、売却したいけど、住む場所が見つからないので売却できないという方には大きなメリットです。また不動産は住宅に限らず、事業用不動産(店舗)でも利用することができるのも魅力の一つです。さらに、売却は不動産買取業者が買取る形で行われますので、通常の売買のように仲介会社に手数料を払う必要は無く、諸費用を大きく節約できる点もリースバックのメリットといえるでしょう。

そして売買代金は一括で受取ることができて使い道は自由です。従って、将来の老後資産にする事業への設備資金や運転資金に回すことも充分可能となるでしょう。なお、所有権は買取業者に名義変更されるためそのままでは相続させることは出来ないという点は注意しておいたほうが良いです。リースバックのメリットのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です