リースバックは、持ち家を活用した資金調達法の1つです。もともと所有していた家を売った後に賃借するというユニークな仕組みを持っており、生活の拠点を動かすことなく自宅の売却が可能になります。個人同士で取引されることもありますが、多くは不動産会社が事業化しており、プロフェッショナルな管理のもとで運営されます。リースバックの基本的な仕組みは、住宅の売買契約と賃貸借契約を同時に締結するというもので、その家に住み続けながら売却代金としてまとまった資金を得ることができます。

住み慣れたマイホームを引き払うことなく、近隣との交友関係もそのまま維持しながら、なおかつ資金需要を満たすことができるというメリットがあります。固定資産税の支払いも免除されるようになります。自宅に住み続けながら資金を調達するのであれば、不動産を担保にした借入れを行うという選択肢もあります。しかし借入れの場合は元本の返済に加えて利息も負担する必要がありますし、万が一返済が困難になって自宅が競売にかけられるような事態にでもなった場合、住む場所を失ってなおかつ残債の整理に追われる可能性もあります。

一方、リースバックの仕組みを利用すれば仮に家賃の支払いを続けるのが困難になったとしても、より負担の少ない物件に引っ越すだけで済みます。「借金を返さなければ」という心理的なプレッシャーに悩まされることなく、生活を立て直しやすいというメリットがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です