リースバックとは企業や個人が所有している不動産を金融機関や不動産会社などの投資家に売却した後、その不動産を再び買い戻し、賃貸契約を結ぶことで、現金を調達する仕組みです。この仕組みは不動産を所有する企業や個人が不動産を現金化することができるため、運転資金や事業拡大資金を調達するために利用されます。また不動産を売却することで、固定資産税や維持費用などの負担を軽減することができます。具体的には、まずリースバックを行いたい不動産を所有する企業や個人が売却価格や買戻し価格、賃貸期間などの条件を決め、金融機関や不動産会社などの投資家と契約を結びます。

その後不動産を投資家に売却し、その後に投資家から不動産を買い戻し、賃貸契約を結びます。このような仕組みで企業や個人は不動産を所有しながら、現金を調達することができます。リースバックのメリットは不動産を所有しながら現金を調達することができることや、固定資産税や維持費用の負担を軽減することができることが挙げられます。また売却価格や買戻し価格、賃貸期間などの条件を自由に設定できるため、自分に合った条件で契約を結ぶことができます。

ただし、リースバックにはデメリットもあります。例えば不動産を投資家に売却するため、売却価格が不動産市場の価格に比べて低くなることがあり、賃貸契約による家賃収入が発生するため、売却前よりも家賃負担が増える可能性があります。利用する際には、契約内容をよく確認し、自社の経営状況や将来のビジョンに合わせて利用することが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です