リースバックとは自己所有の家と土地からなるマイホームを売却しながら、買主との間で改めて賃貸借契約を締結して賃借人としての立場でこれまで通りの生活を継続するというものです。本来であれば売却して所有権が移転すれば退去しなければならないところ、賃貸借契約の仕組みを組み合わせることで生活の本拠を変える必要がなく、従前の住環境が保証されるというのが特徴です。自宅を売却することでまとまった現金を手にすることができるために、住居はあるものの老後の生活資金のための現金が少なく不安がある、などのシチュエーションで利用されることが多いようです。老後資金を捻出する方法では、類似したものとしてリバースモーゲージがあります。

リバースモーゲージは自宅を担保に抵当権を設定し、自分が死亡した後は所有権を手放すという仕組み。リバースモーゲージはあくまで担保による借入なのに対して、リースバックは売買による所有権移転という形態をとっていることで、大きな違いがあるわけです。リースバックの仕組みを利用することには、周辺住民に知られることなく隠密裏に自宅を処分できるというメリットもあります。本来の売買であれば、自宅売買の事実を広告宣伝を通じて周辺住民に知られるリスクがあります。

ところがリースバックでは不動産買取という形をとることが多いため、広告宣伝活動する必要がなく誰にも知られないまま、自宅を処分することも十分可能というわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です