住宅を売却する方法の1つリースバックは、自宅を売却して資金を得ながら、同時に賃貸借契約を結んで住み続けられる仕組みです。急にまとまった資金が必要になった場合や、家の所有権を手放しても引越したくない場合に適しています。所有権と住宅を手放すことになりますが、代わりに売却で資金が得られるメリットがあります。リースバックは、住宅ローンが支払えない問題の解決にも使える仕組みなので、近年注目を集めています。

リースバックは、不動産会社や不動産投資家が主な売却先なので、早く確実に住宅を売れる仕組みです。買い手を探す手間がありませんし、早期に現金化できますから、注目され選ばれているのも納得です。リースバックで結ぶ賃貸借契約は、無条件で長期的に住み続けられるわけではないです。一般的には1年や2年といった期間を設定して、賃貸借契約を締結することになります。

加えて、更新を前提としない定期賃貸借契約が主流なので、期間限定の賃貸借といえます。契約内容によりますが、リースバックは買い戻しができる仕組みなので、将来的に住宅を買い戻すことを前提に売却できます。改めて仕組みを確認すると、メリットに挙がるのは売却後も期間限定ながら住み続けられること、売却で得た資金が使えることがメリットだとわかります。買い戻すつもりがなくても、準備期間に余裕を持たせて引越しする選択肢があるので、自由度が高い住宅の売り方だといえそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です