最近の不動産で話題になっているが、家に住み続けながら老後の資金を確保できるリースバックという仕組みです。リースバックをしてゆとりのある生活を手に入れる方々が増えています。どんな仕組みなのか気になる人も多いのではないでしょうか。リースバックは、セール・アンド・リースバックと呼ばれることもあり、その仕組みが、様々な年代の方から注目されています。

なぜ売却した不動産に住み続けることができるかというと、不動産の所有権が変わるだけだからです。それと同じくして、賃貸借契約をする仕組みになっています。この仕組みを利用すると、自宅などの手元にある不動産を売って大きな資金を手元に残せます。それと同時に賃貸契約を結ぶだけなので、そのまま自分の家に住み続けることができるわけです。

引っ越しをするわけではないので、ご近所にバレることもありません。住む場所を変えることなく、大きな資金を手元に残せるわけです。一軒家だけではなくマンションなどの不動産も対象になります。さらにメリットは多く、毎年支払わなければいけない固定資産税を払う義務もなくなり、本当に引っ越さなくていいので、他の不動産売買と比べ、余計な手続きが不要です。

各企業では、無料で資料請求ができるところが増えているので、簡単に家の価値を調べることもできます。直接不動産に出向いたり聞いてみたりするのもいいでしょう。リースバックに興味のある方は、検討してみてはいかがですか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です