リースバックは、自宅を売却して必要な資金を確保する事が可能であり、売却した自宅を賃貸物件として住み続けられるとして注目されています。自宅売却と言う大きな資金を得られることから、事業の運転資金や住宅ローンの早期完済などに充当する人も多いだけでなく、相続対策とする人が多くなっています。リースバックは、不動産サービスなので解約時には違約金が発生するのが一般的ですが、正規の説明をする事なく契約させておきながら高額な違約金を請求する運営会社も存在するので注意が必要です。不動産や住宅の営業は、諦めが悪く一度食いついたらしつこいと言われているので複数の営業マンを相手にするのは大変ですが、悪条件での契約を回避する為にも複数の営業マンと交渉して営業マンから運営会社の質を確認すべきです。

兎に角、契約を急かす営業トークを繰り返す営業マンは危険であり、毎月の賃料や買い戻し権など契約内容を自分で読んで確認する必要があります。賃貸借契約は、借主の承諾無く契約の更新を拒絶できる定期借家契約と普通借家契約の2種類があるので注意が必要であり、希望する期間確実に自宅に住み続けられるか営業マンに聞き契約書に明記して貰うと安心できます。同様に、買い戻し権についても明記しておく必要があり、買い戻し権の記載がないと再購入ができないだけで無く第三者に売却されてしまうリスクがあります。リースバックは、シンプルなシステムですが、しっかり確認する事で有利な契約ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です